音楽

ボイトレ歴8年の俺が選ぶおすすめの人気ボイトレ本4冊!

2010年頃からボイトレをはじめて、早9年経ちました。

今では音域だけで3.5オクターブも出せるようになりました。

その9年間の中で4つの教室に通ってみたり、ボイトレ関連書籍を読み漁ってきました。

その中で実用的で発声について正しいことを書いてある本を紹介したいと思います。

ボイトレ本って星の数程あるので、どれを読むのがベストなのかわからない!という方は参考にしてみて下さい。

“歌う力”をグングン引き出す ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術(ロジャー本)

“歌う力"をグングン引き出す ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術(CD付き)

まず1冊目、通称ロジャー本というものです。

この本では発声についてはチェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイスの3声区で解説されています。

とてもシンプルにまとまっているので、初心者にはちょっとわかりづらい部分もありますが、書いてある内容に間違いはないので理解するまで熟考してみましょう。

出版されてから大分年月が経っていますが、この本のメソッドをベースにしてボイトレを教えているトレーナーは多いです。

つまり実績のあるメソッドということですね。

付属のCDでミドルボイスやヘッドボイスのサンプル音源、ミドルボイスを会得するためのピアノの音階が収録されているので自己練習するのにとても便利です!

奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOK(YUBAメソッド)

改訂版 プログラムCDつき 奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOK

こちらもロジャー本と双璧をなすボイトレ本ですね。

三重大学の弓場教授が開発したYUBAメソッドを紹介している本です。

この本ではチェスト、ミドル、ヘッドの様な言葉ではなく、表声と裏声、混ぜ声という言葉を使っています。

この表声と裏声をそれぞれ鍛えて、表声と裏声を上手に行き来し、表声と裏声を混ぜた混ぜ声を出して、上手くなろうという形です。

付属のCDでは男女の音域別で音階レッスンが収録されており、自分のレベルに合わせて練習が出来るのが良いですね!

バッドポイントとしては、先生の出している声を真似なさいとあるだけで、具体的な説明がされていないということです。

真似るだけで上手くなるにはなるんですが、センスが悪いと声の真似方が間違っていて、一向に上達しない・・・ということもあります。

この本の通りにやってるけどうまくならない!という方はYUBAメソッドを教えているトレーナーさんに直接教えてもらうと良い方向に向かえるかもしれません。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド(AKIRA先生)

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

現役のボイストレーナーのAKIRAさんがの3冊目のボイトレ本です。

前2冊と比べると具体的に詳しく練習方法やポイントが解説されています。

本に書かれている練習内容はロジャー本の内容とYUBAメソッドを組み合わせた様な感じですが、そこから更に上手くなるための重要なポイントが足されています。

付属のCDも音階レッスンが付いていますので自己練習も大丈夫です!

限界を超えるハイ・トーンが出せる本(小野正利さん)

限界を超えるハイ・トーンが出せる本 (CD付き)

紅白に出演したことがあり、ヘヴィメタルバンドのガルネリウスのボーカルも務めていらっしゃる小野正利さんのボイトレ本です。

小野正利さんといえば、世界に通用するハイトーンボイスの持ち主として有名ですよね!

そのハイトーンボイスは日本人とは思えない、外国人顔負けのクオリティで日本だけでなく、海外でも絶賛されるほどです。

世界で通用するハイトーンシンガーのボイトレ本ですので、本に書かれていることの信用度は高いです。

内容も間違ったことは書かれておりませんし、発声について、特にハイトーンボイスについて細かく解説されているので、高音域を出したい方におすすめです。

ボイトレ本を執筆されているだけあって、小野正利さんは歌手活動と並行して、ボイストレーナーとしてボイトレ教室をされています。

もし気になった方はこちらもチェックしてみるといいですよ。

ボーカルスクール美声-ビッセ-

実は私も過去に何回か通っていました笑

ボイトレは本だけでも大丈夫!

ボイトレの教室に通う時間が無い、遠方だから通えない、という方がいらっしゃると思います。

昔と比べるとボイトレの情報はネットでも本でも十分に得られることが出来ます。

まずは実績のある書籍を買ってみてやってみるのもいいと思います!