ミニマリストの持ち物

ミニマリストのコートは1着のみ!

ミニマリストの僕から言わせるとコートって1着あれば十分だと思っています。

今回はコート1着だけで十分に生活出来るのか?、何のコートを着ているかについてお話したいと思いますよ!

コートは何着も持っていても結局着るのは決まっている

正直コートは1着だけで十分だと考えています。

僕は昔、チェスターコートの他にもピーコート、モッズコート、ダウンジャケットも持っていましたが、結局いつも着ていたのは当時お気に入りだったピーコートでした。

他のアウターも着ていましたが、実際に着る頻度としてはそんなに多くなかったんですよね。

やっぱり外出するときは自分のお気に入りの服で遊びに行きたいですからね。

ということから、コートを1着のみにするのには抵抗感は無かったです。

コートはGUのチェスターコート1着

冬の防寒着は色々ありますが、僕の場合はGUで買ったチェスターコート1着しか持っていません。

ピーコートがお気に入りだったんじゃないのかという突っ込みに対してですが、単純に好みが変わったっていうのと、入手難易度の問題ですね。

まず、入手のしやすいユニクロやGUで売られているピーコートが、僕の求めているサイズ感に合わなかったんです。

で、僕のサイズ感に合致するものが全部セレクトショップで販売されているものだったというわけです。

僕は洋服は消耗品だから高いお金は極力かけたくないという考えですので、セレクトショップの服は論外です。

という理由で、サイズ感や値段、品質を考えたらGUのチェスターコートがベストでした。

なぜ、GUのチェスターコートなのか?については下記の通りです。

GUのチェスターコートを選んだ理由

値段が安く品質も良い

販売時期によって値段が前後しますが、11月頃であれば6000円程度、1月2月であれば5000円程度で購入できます。

GUの商品なので品質はそこまで高くはありませんが(悪い意味じゃないです)、そこそこの値段でそこそこの品質のコートって感じで個人的にはコスパ良いなと感じます。

セレクトショップでチェスターコートを買うとなると、2万から4万くらいはしますし、品質もピンからキリまでとバラつきがあります。

そう考えると一定の品質で安い価格で購入できるGUがおすすめというわけです。

手軽に手に入る

GUはご存じの通り全国展開していますし、更にオンラインショップもありますから、欲しいと思ったらすぐに購入できるのも魅力ですね。

クリーニングで落ちないレベルの汚れやボロボロになってもすぐに新しいものを買えるというのは安心です。

毎年買い替えが可能

値段が安く、手軽に手に入るということはですよ?つまり、毎年新品に買い替えることが出来るということです。

正直、GUのチェスターコートは高品質というわけではありません。

何か月も愛用をしていると糸のほつれ等が目立ってきますし、毛玉なんかも少し目立ちやすいです。

なので、毎年買い替えるものと割り切って着用するのが良いと思います。

GUのチェスターコートは毎年発売されていますから、その点はご安心下さい。

チェスターコートは定番商品なので流行に流されにくい

冬のアウターコートといえば、色々ありますが、中でもチェスターコートはフォーマルにもカジュアルにも使えるアウターとして毎年人気のコートです。

つまり、その時々の流行に左右されずに着ることが出来るコートというわけです。

流行を知らなくてもとりあえずチェスターコート着てればOKという感覚で、冬のアウターに困らなくなります。流行に流されないために考える思考を捨てることが出来るので楽です。

ユニクロのチェスターコートはどうなの?

ユニクロでもチェスターコートは販売されていますが、僕はGUのチェスターコートの方が合っていました。

まず、ユニクロのチェスターコートってサイズ感が少し大きめなんですよね。

同じSサイズでもコートの丈や袖が長かったり、シルエットもボテッと膨れた印象がありました。

品質や値段についてですが、ユニクロのチェスターコートの方は素材にウールが入っており、生地も厚手で暖かかったです。

品質面ではユニクロの圧勝ですね。

ただ使っている素材が良い分、値段もGUに比べると高いです。

こちらも販売時期によってしますが11月頃には1万5000円で販売されていました。セレクトショップに近い値段設定ですよね。

品質を考えるとコスパは悪くないのですが、その値段を出せるならセレクトショップのチェスターコートを買ったほうが良いかなとも思いました。

コートの色はネイビーが超おすすめ

色のバリエーションはブラック、ネイビー、チェック、キャメルがあるかと思いますが、個人的にはネイビーがおすすめです。

ネイビーを選んだ理由としては下記の通りです。

モノトーンでシンプルな着こなしをしたいのでチェック柄は選択肢から外しました。同じ理由でキャメルも除外です。

モノトーンでシンプルが良いのなら、ネイビーよりもブラックだろ!というところなんですけど、ブラックってカジュアル感よりもフォーマル感が出てしまうんですよね。

私服として着ても、ビジネスマンって感じが出てしまいます。カッチリ感が強すぎるんですよね。

ミニマリストなのでインナーのバリエーションも無いので、ブラックのチェスターコートでカジュアル感を出すのが難しいんです。

その点、ネイビーはブラックよりもフォーマル感が薄く、カジュアル感もあります。

なおかつモノトーンコーデにも自然に合うということもあり、色はネイビーにしました。

ちなみにサイズは?

僕の場合ですが、僕はタイトに着こなしたいので、Sサイズのチェスターコートを着ています。

僕は身長176cm、体重56kgなんですけどSサイズでジャストサイズでしたね。

GUのコート1着だけで春秋冬を着こなせる

2020年現在ではコート1着だけで春秋冬を過ごしていますね。

というのもGUのチェスターコートって生地が薄いので、涼しい日でも寒い日でもどちらでも着れちゃうんですよね。

春と秋はインナーにシャツを着て、コートを羽織るだけで問題なしです。

冬の防寒対策

GUのチェスターコートは薄手の素材のため、これだけだと正直寒いです。

そのため、コートの中にユニクロのウルトラライトダウンを着て防寒対策としています。

ユニクロのウルトラライトダウンですが、ダウンなのに滅茶苦茶薄くて軽いんですよね。しかもちゃんと暖かいのです。

コートの下に着てもダウンを着てるのかも分からないくらい、フィットするので薄手のコートと相性抜群です。

ミニマリストしぶさんも僕と同様の着方をしていますのでおすすめです。

薄手のコート1着とユニクロのウルトラライトダウンの組み合わせが最強

洋服の中で一番かさ張るものって冬の防寒着だと思うんですよね。

防寒対策のために厚みや丈があるため、他の衣類よりもサイズが大きいです。

また、冬の寒い時期にしか着ることが出来ないため、クローゼットの中でも1年中強い存在感を醸し出してしまうため、ミニマム感を感じないんですよね。

厚手のコートではなく、薄手のコートならそのまま春秋に着れますし、中にユニクロのウルトラライトダウンを着てしまえば真冬でも着られちゃいます。