街コン

街コン後に送るべきラインの例文まとめ

街コンが終わった当日の夜に、街コンで出会った相手に最初にどんなラインを送っていいのか迷ってしまう方は少なくありません。

ほんの数時間前まで良い雰囲気でお話が出来ていたのに、最初のラインで失敗してしまい、やり取りが続かず、デートも出来ず終わってしまうなんて切ないですし、非常にもったいないです!

最初のラインで失敗したくない人向けに、高確率でラインの返信があり、そのままやり取りが続けられるラインの例文をまとめてみました。

ここで紹介する例文は街コンで実際に彼女を作ったことのある僕が使っていた例文なので、実用性・信頼性も高い(はず)です!ぜひ参考にしてみてくださいね。

街コン当日に送るべきラインの例文

まず、基本的には最初の1文は「今日はありがとうございました」や「お疲れ様です!」から入り、その後に自分の名前を入れるといいでしょう。

その後に下記の例文を参考にして、お相手が好感を持ってくれそうな例文を選んでラインを送ってみましょう!

いくつかの例文を組み合わせて送るのも良いですが、あまり長文にならないように気を付けましょう。

この理由については後述しますので、先に例文を見ていきましょうか。

相手の心配をするライン

結構お酒飲まれてましたけどお家に帰れましたか?

遅い時間に解散しましたけど無事帰宅できましたか?

夜道気をつけてくださいね。

大分酔ってるみたいなので、知らない人についていかないように気をつけてくださいね笑

少し心配なのでお家着いたら、良かったら連絡ください。

街コンで話をした時の話題を持ってくる

スイーツがお好きなんでしたよね?池袋でおすすめのお店あれば教えて下さい!

まさか、○○を知ってる人がいるなんて、びっくりしましたよ!

○○についてお詳しいんですね!実は私も前から興味があるんですけど、良かったら色々教えて下さい!

相手の印象を話してみる

今日の街コンで話をしてて一番楽しかったです!

○○さん、背が高いのでとても印象に残りました笑

服のコーディネートのセンスがあって、かっこよかったです!

お酒とっても強いんですね!

○○さん色んな人に囲まれてて人気でしたね~。

例文を組み合わせてラインを送ってみよう!

上記の例文と挨拶文(ありがとうございました、お疲れ様です)、そして自分の名前を組み合わせることで好印象かつ、返信率の高いラインを作ることができます!

実際に組み合わせてみるとこんな感じです。

今日はありがとうございました!○○です。

結構お酒飲まれてましたけどお家に帰れましたか?

まさか、○○を知ってる人がいるなんて、びっくりしましたよ!

お疲れ様です!○○です。

今日の街コンで話をしてて一番楽しかったです!

○○についてお詳しいんですね!実は私も前から興味があるんですけど、良かったら色々教えて下さい!

街コン後のラインのポイント・注意点について

例文をそのまま使ってもいいですし、自分なりにアレンジして送るのもアリです。

ただ、最初のラインを送る際にいくつか注意点があります。

最初のラインは丁寧にする

いきなりタメ口で馴れ馴れしいラインを送るのはリスキーなので、敬語・丁寧語を使ったラインが無難です。

というのも、相手のテンションやあなたに対しての好感度が現時点で全く分からないからです。

お相手もあなたに好感を持っていた場合は、タメ口でも受け入れてくれるかもしれません。

しかし、あなたに好感を持っていなかったら、「なんて馴れ馴れしい人なんだ」や「礼儀がなっていない」と思われて、そのままブロックコースです。

ですので、最初は敬語・丁寧語を使ったラインで送るようにしましょう。

ラインのやり取りが続く中で良い雰囲気だなと感じたら、「タメ口でも良い?」と一言断ってからタメ口に移るのが良いです。

ずっと敬語続きだと堅苦しくて、ラインのやり取りが途切れてしまう場合もありますからね。

長文のラインはダメ絶対

気持ちが高ぶってしまって長文のラインを送ってしまう人が稀にいますが、これもダメです。

例として1つあげてみますね。

○○さんおはようございます!!!今日は日差しが気持ちよくて絶好の外回り日和ですね!

仕事忙しそうですけど、どうですか?確か営業の仕事をされてましたよね?

街コンでお話ししてた、■■って猫カフェ調べてみたましたよ!どの猫さんもとても可愛くてぜひいってみたいなって思いました!今度のお休みの日に一緒にいきましょう!

あと、池袋に◆◆ってレストランがあるんですけど、そこがチーズフォンデュが美味しいと有名なんですよ!この間いったときは2人前を一人で食べちゃいました笑

今日も1日お仕事頑張っていきましょう!

どうでしょう?

こんな話題がいくつも入った長文ラインが送られてくると、返信するのとっても面倒ですよね。

あなたに好意を持っていたとしても、この長文に丁寧に返信をするとなると、こちらも長文での返信となります。

そうなるとラインの返信をするのにも、結構時間がかかってしまうんです。

長文のラインを送るよりも、短い文章で1日数往復のやり取りをする方が仲良くなりやすいです。

行数にすると長くても5行です。短ければ短い程良いです。

短いラインだと相手も返しやすく、また返信の間隔も短くなりますから、相手とラインのやり取りだけでも充分に距離を縮めることができます。

ラインの返信が遅くても追撃のラインは送らないこと

ラインの返信が遅いからといって、一人でそわそわと焦ったり、深く悩んだりしてしまうかもしれませんが、出来る限り気にしない方が良いです。

何故かというと、特に男の人でよくやってしまいがちなんですが、返信の催促のために追撃のラインを送ってしまうからです。

追撃のラインを送ってしまうと、相手に返信を催促させてしまうことになりますし、落ち着いてから返信をしようと思っていたところに、追撃のラインがきたら逆に返信する気持ちも無くなってしまうものです。

小学生の頃に、宿題をしようと思ったところに、母親から宿題をしなさい!と言われると、やる気が無くなった経験あると思います。それと同じことです。

ラインの返信が遅くても、相手のことを思いやって、ゆっくり待ちましょう。

まとめ

街コン後のラインについてのポイントをまとめると下記の通りです。

・最初のラインは「挨拶文+自分の名前+テンプレ例文」

・長くても5行までに抑える

・敬語を使う

・ラインの返信が無くても追撃はしない

街コンの時は割と良い雰囲気だったのに、一番最初のラインでしくじってしまうと、何もかも無駄になってしまいます。

僕の紹介した例文を使うor真似ることで、この最初のハードルを軽々と越えられるはずです。

最初のやり取りさえ出来てしまえば、後はそこから話題を膨らませていけば、1回目のデートまではすんなりいけてしまうものです。

オススメ100万人動員!日本No.1の実績!街コンなら【街コンジャパン】

オススメカップリング率43%以上!その訳は!?